名前 ヒーロ☆スタンレー(50) ハニー・シモンズ(50) エース・K(51) ピーター・エロス(50)
生年月日 1965年10月*日 1965年12月**日 1965年5月**日 1966年1月*日
出身地 NY州、札幌クィーンズ地区 LA 4丁目 サハリン州の南、大黒地区 NY州稚内.USSR
担当楽器 G・Vo. B・Vo G・Cho. エロドラ・Cho.
尊敬するミュージシャン 松浦雅也 エディ、マイコー、ペイジ、ランディ ゲイリー・ムーア、ジェフ・ベック、ラリー・カールトン KISS,Stones,Aerosmith,甲斐よしひろ
趣味 ピアノ、MIDI 飲酒→泥酔 100切れないゴルフ もうやめたい 次々とホームページを立ち上げ、ほったらかしにすること
特技 バイオリン 火吹き(やったことないけど) 遅刻 自サバ構築
座右の銘 一石二鳥 割り勘負けするな 口は災いの元 やれば出来る!
愛読書 アルケミスト(パウロコエーリョ著)、月足チャート集 SoundDesigner 「ギターで覚える音楽理論」何度読んでも頭にはいりません ゴルゴ13
好きな食べ物 タイ料理 sushi ドラ焼き
嫌いな食べ物 フォアグラ ぼたもち たち 漬物
好きな女のタイプ リブ・タイラー 金髪全般 ブチギレない人 ススキノのお姉さん(30代)
音楽活動歴 小〜中→HBC少年少女合唱団。中→R&R系。高→BOWWOW、社会人→レベッカコピーなど。女性ボーカルとユニット(現在活動凍結中)を結成しオリジナル曲制作に没頭する。その後6年間音楽活動を停止、函館のバー「ホワイトビートルズ」で週1回の弾き語りライブで再開。札幌に戻り2007年LOVEGUNに結集。 <中学>とりあえず「天国への階段」からギターを覚える→<高校>ヘビメタ等ヒーロ☆とバンド活動を行う→<大学>Kのギターに圧倒される→約20年ぶりに音楽活動再会。ヤフオクで大人気ないベースを購入し今に至る 中1のときフォークギター買ってもらう→高校:ディープパープル、MSG→大学:ヘビメタ、フュージョン、のち中退→社会人:R&B→10年以上バンドなし→最近tetsu(Peter)にひろってもらい現在に至る(と本人は言っているが、tetsuの前バンドのピンチに助けてもらったのが現実:Peter談)。
中2〜KISSコピーバンド、高1〜Iron Maiden,Judas Priest,Ozzy Osbourneコピーバンド、大学時代〜メタル系いろいろ、就職後〜なぜかハウンド・ドックとか、最近〜Stones,80年代ハードインスト,KISSコピーバンド(最初に戻る)
ファンにひとこと 「ヒロ☆様〜」とお呼び。 火吹きは危ないよ。 笑わないでください。 ライブはブラ・パンティ投げ放題です。

結成までの道のり〜そしてデビューライブへ

 LOVEGUN結成の前兆は、2006年11月18日まで遡る。この日、hani(現ハニー・シモンズ)・K(現エース・K)・tetsu(現ピーター・エロス)の3人が白黒パンダフライングVを操る某ドイツ人ギタリストの来日公演を見に行くべく、昼の3時からサツエキ地下の某居酒屋で酒を酌み交わしていた。この3人は一緒の大学で軽音学部に所属していた。また、Kとtetsuは高校同期でそれぞれ別のバンドをやっていた。

tetsu 「今のバンドでストーンズやってんだけど、KISSやってみたいと思ってんだよね、フルメイクで。」

hani 「ポール役ならイイの知ってるぜ。」

tetsu 「そうか、でもジーン役がいないよ。イチバン濃い役だし。エース役はKでバッチリだけど。」

 Kは中学時代、休日は一日中フォークギターでALIVE・ALIVEUを弾きまくっていたという、根っからのKISSフリークである。エースをやるために生まれてきたと言っても過言ではない。

 「ポール役のイイの」が今のヒーロ☆スタンレーであることは、tetsu・Kには知る由もなく、この場はこんなやり取りで終わった。そして、3人でドイツ人を見た後それぞれ帰路についた。いつもならライブを見た後で飲むのだが、次の日tetsuは自分のバンド「Last Flash Limited」のライブがあったため、ライブ前に飲んでいたのである(結局飲んでるんだけど)。


 時は流れて2007年5月19日、Voが抜けインストバンドとなっていたLast Flash Limitedは、082band.com主催のススキノスローハンドライブに出演していた。直前に急遽Kを迎え入れ、ドイツ人の有名インストナンバーなどを演奏した。このとき、客としてhaniがhiro(現ヒーロ☆スタンレー)を連れてやってきた。余談であるが、このライブを主催した082band.comのIndy氏、実は、hani・hiroと高校同期でなんとバンド(ウルトラ警備隊というバンドらしい)まで一緒にやっていた間柄であり、この日偶然にも再会した。再会の様子はLast Flash Limitedのビデオの後半部分にしっかりと収められている。

 この日のライブ終了後、hiro・hani・K・tetsuの4人は意気投合し、カラオケ屋で夜中の2時までKISSナンバーを熱唱した。そして懸案だったジーン役はhaniがやることとなり(このときはかなり引き気味であったが)、KISSフルコピーバンドをやることで一致した。

 そして2007年7月21日、札幌駅前の某つぼ八で結成式を執り行い、バンド名・コピー曲・方向性(音楽ではなく、メイクするのかとか衣装どうするとか)・目標ライブを決めた。この日もまた、カラオケ屋でKISSナンバーを熱唱した。


 ピーター・エロスの認識では、2006年11月18日のドイツ人ライブがLOVEGUNの発端であった。しかし、ヒーロ☆スタンレーの証言により、この話にはさらに前フリがあったことが判明した。

 2006年11月14日、ドイツ人ライブのたった4日前のこと、東京行きJAL1008便の機内で、52Gの座席に座ろうとしていたhiroは、直後の座席に懐かしい顔を見つけた。

「あれ?haniじゃない?」 「おーーーー久しぶり!」

 出張のため乗った飛行機の真後ろの席に高校時代の音楽仲間のhaniが座っていたのだ。おそらく20年ぶりの再会。 羽田までの1時間余り、懐かしい話や近況を語り合った。 

hani 「土曜日にマイケル・シェンカーの札幌公演に大学時代の軽音の仲間と行くんだけど、一緒にどうだ?多分当日券もあるぞ」

hiro 「いいな〜、でも今夜新宿コマでクィーンのミュージカル見に行ったりで金欠なのよ。残念。」

hani 「その大学時代の仲間が結構上手いのよ。たしか、今もバンドやったりしてるみたいで。」

hiro 「久しぶりにバンドやってみたいな〜。メンバー募集の話しとかあったら声かけて。」

 二人は再会を懐かしみ、連絡先を交換して到着口のロビーで別れた。

 「この再会がなければ、マッキーで胸毛を書くこともなかっただろう」(hiro談)。LOVEGUN結成の裏には数々の運命的再会が隠されていた。hiroとhaniが飛行機機内で会わなければ、tetsuが自分のバンドにKを呼ばなければ、LOVEGUNはなかった。さらに、hiro・haniとIndy氏が再会しなければ、この11月4日にライブ出演することもなかった。

・・・

 ここまで書いていて、ピーター・エロスはふと気がついた。確かに運命的再会がLOVEGUN結成に結びついている。しかし、よく考えると全メンバーを以前から知っていたのは「ハニー・シモンズ」ただ1人である。hiroとtetsu・Kはお互いを知らなかった。憶測ではあるが、一番このバンドをやりたくて偶然を装いバンド結成工作をしていたのはハニー・シモンズではないか?その証拠に、

・ハニーはもともとギタリストであるが、わざわざ今回初めてのベースを弾いている。

・結成当初は引き気味を装っているようであったが、ブーツを1番早く手に入れたのはハニーである。また、角鋲を500個購入するなど、衣装作りにも最も熱心である。

・「弾きながら歌えん」と言いながら、ひそかにカラオケボックスで猛練習している。

 こう考えると、飛行機での再会も、もはや偶然とは思えなくなってくる。情報網を駆使してhiroの行動さらには飛行機の座席まで把握していたのか?それともこれはピーター・エロスの妄想か?

 しかし、なんだかんだ言ってもフルメイク・フルコスをいとわない同年代のKISSフリークが4人集まるのは、やはり運命的というか悪魔的ではある。


 バンド練習6回(うちセミコス練習1回、フルコス練習1回)、tetsuの家での合同メイク練習1回、各メンバーそれぞれによるコスチューム材料調達・製作(これがイチバン金と手間かかった!)を経て、ついに11月4日082band.com presents 初冬に燃える親父バンドライブ2007でメジャーデビュー?を果たそうとしているLOVEGUN。20時40分出演予定です。よろしく!



コスチュームの秘密 〜Peter Eross編〜

LOVEGUNメンバーのコスチュームは、手作りが多くなっています。Peter Erossは手作り度が少ないほうではありますが。1977年のアルバム「LOVE GUN」のジャケ絵がモデルになっています。

たすきがけのように装着しているベルトです。名称不明のため「ガンベルト」と呼んでいます。黒いジーンズ生地を筒状にしたものをベースに、銀のシープスキン生地を縫い付けています。間にスポンジを入れて質感を出す様工夫してます。

両サイドの鋲は、10連鋲ベルトを2列に切ったものを木工ボンドで貼り付けましたが、はがれてくるので手縫いしてます。

材料仕入先 生地:カナリヤ本店 10連鋲ベルト:ドンキホーテ札幌中央店(同じものをヒーロ☆スタンレーがギターストラップに使用)

製作 ピーターの妻

厚底ブーツです。ゴスロリ系ご用達モノのようです。ピーターはドラマーなので、演奏中には使いません。なんで買ったかと言うと写真撮影時など、他のメンバーが厚底ブーツ履いてるので身長合わせるためと、単なるかっこつけです。

購入先 楽天市場「輸入品屋さん」

ヅラです。外ハネキムタク風でダークブラウンですが結構赤めです。ドラマーは汗かくので本当はかぶりたくないのですが、サラリーマンがここまで伸ばすのは難しいので。LOVEGUNのようなバンドは髪短いと雰囲気出ません。

ちょっと赤すぎるので、ギャツビーの「黒髪もどしスプレー」吹き付けてます。

購入先 ウィッグ専門店MAPLE

その他小物系、ベルト(ドンキホーテで購入)、首輪・リストバンド(4プラ自由市場で購入)

アディダスのスポーツ用リストバンドは、鋲打ちリストバンドをそのまま装着してドラム叩くと痛いので、鋲打ちリストバンドと手首の間に付けてます。

いちばん右は右手につける「靴下を切ったもの」(ポスフール江別店で購入)です。

他に、衣装のベースとなる黒のタンクトップはイオン平岡店、黒のスリムジーンズはユニクロで購入しました。



コスチュームの秘密 〜ACE K.編〜

KISSのメンバーでコスチュームのマネが難しいのは

1番:ジーン2番:エース

なのは異論のないところかと思いますが、ウチのエースから写真が届いたのでさっそくアップします。

これは、胸のプロテクター?

裏が青いのはなぜ?

 

それは、材料がコレだから。レジャーマット。

 

これは、腕につけるヤツですが、なんて呼べばイイの?

 

材料はコンロの周りに貼るシート。

 

これはエースの新ブーツ。底厚なんと13cm!!

新ブーツってことは、旧ブーツもある?

 

あるんです。コレは銀色化作業中の新ブーツと旧ブーツ

旧ブーツは底厚20cm!!しかも不安定!クラップスと岩見沢でヨタヨタしてたのは旧ブーツのおかげ。

 

ちなみに旧ブーツは、安全靴を発泡ウレタンで底上げしたもの。

用済みになったので、カットモデルにしてLOVEGUN博物館行き。

エースの材料はほとんどHomacとSANWADOで調達。



コスチュームの秘密 〜Hiro☆Stanley編〜

第3弾はHiro☆Stanley編です。本人の解説でどうぞ!

琴似の5588のアウトレットで購入したジャケットに、スパンコール生地で襟と袖を足しました。(スナップで着脱)
あと、紐スパンコールで縦ラインを追加。
袖の部分はギターのミラーとかがよく引っかかるので、透明のプラスチックフィルムでカバーしています。
カナリヤで買ってきた生地で作ったタンクトップ。本人自らミシンがけをし、真ん中のボタンを取り付けた一品です。
本当は肩紐周りにバイアステープで縁取りしたかったんだけど(買ってある)、ジャケット脱ぐ事ないし〜ってことで省略。
縦のスパンコールの縫いつけに超苦戦し、結局、瞬間接着剤のお世話に。このときほど瞬間接着剤の偉大さを感じたことはありません。
タイツってよく見かけますが、社会の窓ついてたり、生地がいかにも下着って感じがして、ステージ用に使えるのはなかなか見つけられません。いろいろ探して、ユニセックスのUVカット水着を購入し、をタイツとしてはいています。履き心地も通気性もよくGOOD!
両サイドにシルバーのカッティングシートで作った☆を貼り付けてたんだけど、すぐ剥がれちゃうので最近はつけてません。
ネット通販で購入したストレッチブーツ。
男のサイズの厚底ブーツって普通お店では見当たりません。
これも、USAの輸入物です。
僕はもともと背が高いので、他のメンバーとのバランスからあまり高くないものを履いてます。ヒール8cm、前3cmです。
足首に絡んでるチェーンは、ホーマックで切り売りしてるものです。
ヒザ下にぶら下げるチェーン。これもホーマックで切り売りのものです。それをぶら下げるためにダイソーで100円の犬の首輪をふくらはぎに巻いてます。
仕事帰りに、ダイソーで犬の首輪を太ももやふくらはぎに当てて長さが大丈夫か確認してたため、かなり怪しい人に思われたようです。
長いほうがウエスト用のベルト。3連角鋲打ちで4プラで購入。確か3980円くらい。
短いほうが、チョーカーでこちらは発寒ジャスコのアクセサリーショップで購入。
いずれも既製品ですが、チョーカーは激安でした確か680円くらい。
これもジャスコにあるアクセサリーショップで購入。
リストバンドと指輪。これらも激安です。
気分によってつけてます。
ポール・スタンレーは太ももに片方だけ、キラキラしたものを巻いているんで、何かいいものないかとダイソー物色中発見した、スパンコール巻きのカチューシャ。
これをタイツの上から太ももにはめるのですが、ステージでずり落ち防止のため、裏に両面テープで滑り止めにしています。
ピーターが鋲ベルト買ったの見て、これはストラップに使えるかも!と思ってドンキホーテで買ったベルトをストラップに改造。
でも、ベルトってストラップにするには短いんですよ、なわけで終わりのほう尻つぼみになってます。改良せねば。
ソバージュのウィッグ。
これは探すのに苦労しました。いまどきこういう髪型してる人少ないので、ウィッグもないんです全然。
で、ネットでやっと見つけて、買ったものの長さやスタイルのバランスが悪くて、ホームレスにしか見えませんでした。
そのため、僕の専属スタイリストのいる琴似のモッズヘヤへ持ち込み、カットして調整していただきました。
嫌な顔せずに、調整してくれた細○さんありがとうございました。おかげで素敵になりました。


コスチュームの秘密 〜Honey Simmons編〜

地獄の「できるかな」集団、最後は私ハニー・シモンズです。
私の衣装は、実物を忠実にコピーするというよりは、取りあえずそれっぽいを目指しています。(中国の偽ドラえもん程度)
しかも、子沢山で小遣いが少ないことから出来るだけお金をかけずに作成することを目指しています。

 

ふんどしは、カナリヤで見つけたワニ革ふうのビニールをベースに作成しています。スタッズはリストバンド、ストラップをあわせて500個程度付けています。

胸のチェーンも百均で購入のプラチェーンです。真ん中のリングだけステンレス。
縫い合わせが大変なので全てホッチキスで止めています。大変というか面倒というか出来ないというか・・・
これを装着したらなかなかトイレにいけないので改良を考えています。

リストバンドは高校の時にあこがれたスタッズめちゃ打ちのリストバンドを作ってみました。
真ん中のリングはヒーロにもらったトゲトゲリングです。

 

 

トゲトゲ→百均で購入した「ふんわりかるーい紙粘土」を使用。
一応形作成後サーフェイサーを吹いたけどあまり意味がなかった。そもそも手作りなのででこぼこすぎ。

トゲトゲはマジックテープで服に取り付けます。運ぶときに折れたりしないようにと思ってね。
ジャパンツアー初日にトゲトゲが取れまくったので主催者のindey氏にチェックされました。そのため、ホッチキスで固定し取れなくしています。
ちなみに・・・私の衣装はホッチキスで固定されている部分がほとんどです。

 

ブーツは通販で安いのを購入しました。
当初、エースと同様に自作を考えましたが、結構高くつくことと出来上がりが不安なことからネットでの購入を決めました。
現在ゴジラブーツに変身中!
(Peter注:変身中のため、2/23まで秘密です・・・ハニーはほんとはギタリスト、だからレスポール)

 

広げた服です。
服のベースはトイ○ラスの全身タイツ(黒)です。
羽の部分はリーダーの推奨により百均(ダ○ソー)で購入した傘にクリスマス用チェーン(これもダ○ソー)を縫い付けたもの。
(Peter注:「推奨」って言うより、「傘でイイんでないの?」って言っただけなんだけど・・・)

 

ずらはいろいろ探したけど結局ハンズでパーティグッズのずらで妥協。1000円くらいかな。
静電気で目やクチに入るので別のずらを探している最中。



Peter Eross 電飾ドラムの秘密

ドラマーは、「楽器に金がかかる」

「練習場所の確保が大変」

「ステージでは動けないので目立たない」

など、体力使う割にはなんとなく損な役割のような気もしますが、

それだったら、音以外でも目立っちゃおうと考えたのが

「電飾ドラム」です。

実は、今後紹介するであろうエースのギター改造に触発されたのですが・・・

LOVEGUNみたいなバンドは目立ってナンボなので、

各メンバー目立つためにしのぎ削ってます。

 

その1 100円ショップの品


写真クリックするとビデオ見れます

いちばんはじめは、100円ショップで見つけた赤と緑の電池駆動の電飾です。

所詮100円ショップの品なので、全く目立ちません。

その2 屋外用LED電飾


写真クリックするとビデオ見れます

別の用事でドンキホーテに行ったら、屋外電飾用の100発LEDを発見!衝動買いしてつけて見ました。

07.12.16の岩見沢ライブで使用しましたが、ライブハウス(ストロベリージャングル)の照明設備がもの凄いため、ほとんど目立たず。

その3 車載用LED

上の屋外用LEDは、音に関係なく点滅するし、あんまり目立たないので、音にあわせて点滅させられないかいろいろ物色してたら、イイものをドンキで発見!

音の強弱で12V電源を入切するコントローラーです。

 

パッケージから出したサウンドコントローラーと接続する21連LEDです。


写真クリックするとビデオ見れます

21連LEDを2本つけて試し打ち。

その4 LED増設


写真クリックするとビデオ見れます

さらに両サイドと中ほどにLEDを増設。

ライブでのヒカリ具合はvideosページのYAMAHAライブ・江別ライブでどうぞ。

このあと、さらにヒーロ☆とハニーに誕生日プレゼントとしてもらったフラッシュLED2個も付けてます。でも江別ライブ前に1個壊しちゃいました。

 



Ace K. フラッシュピックアップの秘密

本家KISSのエース・フレーリーは

こんな感じ

で、ギターのピックアップからもうもうと煙を出し火花を散らせるなんてことやってますが、

ウチのエースも負けてません。

フロントピックアップにLEDを仕込み、開閉させるというギミックをやってます。


写真をクリックするとビデオ見れます。

ノブの1個を押すとLEDがON、

さらに別のノブを回すとピックアップが開閉します。


写真をクリックするとビデオ見れます。

その上、(最近調子悪いようですが)煙もちょろ〜っと出ます。


写真をクリックするとビデオ見れます。

煙は、ジオラマの戦車の砲塔から煙を出すためのアイテムを使用。

これを仕込むため、センターピックアップの部分も犠牲になってますので、

このギターはリアピックアップしか使えません。

ボリューム/トーンノブの部分には、

1.5V×8本=12V分の電池も詰まってます。

これに飽き足らず、さらにLEDを大量に買い込む計画を練ってるようです。

 



Hiro☆Stanley フェイクギターの秘密

2008/1/13YAMAHAミューズクラブでのスロハンロックサーキットで、Hiro☆がギター破壊をご披露しましたが、

実は、このギターはハリボテなんです。

Hiro☆曰く、「ホンモノのギターを壊すのは子供の教育に悪い」という???な理由で、

わざわざ壊すためのギターを作ったようです。

で、その製作工程をちょっとご紹介。


まずは、スタイロフォームにギターの形を書きます。


次に、これを切り抜きます。2枚あるのはスタイロフォームが薄いので貼り合わせるため。


張り合せて、黒いプラスチック板をはったところ。


エッジ部分はパテ埋めして平らにします。


かなり工程はしょってますが、ヤフオクで格安購入したモッキンバード型ミニギターからネックを移植、

その他、ピックガードやらピックアップやら弦を付けて出来上がり。

素材がスタイロフォームなので、床に心おきなく叩きつけられるのがミソ。

ホンモノでやって床凹ましたら、二度とライブやらせてもらえなくなりますので。

YAMAHAでの破壊模様はこちら↓


クリックするとビデオ見れます



LOVEGUNメンバーの頭の中は?今さらながら脳内メーカー敢行!

旭川ライブも無事大成功に終わり、一息ついているLOVEGUNメンバーですが、

「ぜひホームページのネタに」とヒーロ☆より我々の脳内メーカーの結果が届きました。

 

まず、ヒーロ☆スタンレー

悩みとウソで固められてますな。

ステージング見る限りではこれっぽっちの悩みもないような気もしますが。

MCに何しゃべるか悩んで、言ってることはみんなウソっぱちってこと?

旭川ライブで「昨日旭山動物園に行った」とウソこいてたのはハニー・シモンズだったような・・・

 

続いてエース・K

独身貴族を貫くエースは遊ぶことしか考えてない?でも女は苦手だったりして。

いい加減に女遊びしような、エース。もう43だし。

 

続いてハニー・シモンズ

いつも「金ない」って言ってるハニーは、まさにそのままの結果ですな。

本人曰く

私のは、わかりやすい脳みそですな。
金の亡者って感じですが、どちらかというと金が無いので如何にかする為の知恵って事か?
先月は4万赤字でした。飲みすぎ!

とのこと。要するに飲みすぎで金がないようです。バンド内きっての酒豪だし。

 

最後はピーター・エロス

「秘密のエッチな友達」を求めてるってのがバレバレです。妻には見せられません。

 

ついでに、「バンドメーカー」ってのもやってみたようで、「エースK」でやってみた結果がこちら

代表曲が「それにつけても部屋が汚い」って・・・そのとおりじゃん。

本人曰く

代表曲『それにつけても部屋が汚い』って
ロンパールームでテレビの向こうから
じぶんのなまえを呼ばれたとき以来の衝撃です。

お後がよろしいようで。



Honey Simmons 秘密のコスプレ

演奏中、たまにベースの音が抜けることで有名なハニー・シモンズですが、

それを補って余りある特技が彼にはありました。

なんと、ジーン・シモンズの鎧を自分で作ってしまったのです。

出来栄えもなかなかスゴイです。

で、製作中の写真をご紹介。

まずは、紙で概観を製作、すでにいい感じ。

で、コスプレイヤーご用達の素材、ライオンボードで型紙を元に製作、色を塗り終わったのがコレ

装着中の雄姿はphotosページ、videosページでどうぞ。



ACE.Kが怪しいmono製作中

ギターボディの形をした板に貼りつけられた900個の○○○。

ヒントは、ラビン・ユーベイビー。



HIRO☆STANLEYがPICTAPSで怪しい絵?を製作

いやぁ〜、笑えるコレ

メンバー全員分作らんと。



HIRO☆STANLEY NEWコスチューム製作工程

目標はこれ

今回製作にチャレンジするのは、77年の武道館公演時BLACKDIAMONDの時に着ていたというこちらのフェザージャケット。(REUNIONツアーの時にも着ていたらしい)なんでこれかっていうと作りやすそうだからってだけなのだ。

まずはベースとなる衣類を物色。ぴったりした感じを出したかったので、アベイルにて婦人ものの七部袖のカーディガンを購入。ちょっと光沢感があり、手入や洗濯が簡単な化学繊維系をチョイス。たしか1200円くらい。(メンバーズカードでさらに5%引き)
次に羽根ストールをネット通販で購入。長さ約180センチのものを2本。確か送料込みで3000円くらい。もっと安いのあったけど、ボリュームのあるのを選んで購入。
ベースとなるカーディガンの衿から胸元にかけて露出できるように、内側に折り曲げて縫う。写真はおおよその位置をマチバリで決めたところ。(モデルは本人)
衿から胸元にかけて縫いこんだラインの外側に、羽根を取り付けるためのバイアステープを這わせ、ベースとなっているカーディガンと位置を合わせてスナップを数箇所取り付けているところ。(カーディガンと羽根部分はスナップ着脱とし、カーディガン部は簡単に洗濯できるようにするため)
スナップでカーディガンに取り付けたバイアステープにフェザーストールを縫い付ける。羽根だか糸だか針だか全然わかんなくなることしばしばあり、何十回も指に針を刺しました・・・。つらかったでーす。
ベースとなるカーディガンにフェザーストールの取り付け終わったところ。全体にひと巻きして、胸から首から胸周りは幅広くゴージャス感を出したかったので、もう一回り追加。全部で一本(180センチ使用)大体ここまで作業時間5時間。(1日目終了)
ベースとなるカーディガンが婦人用の七部袖なのでこのままでは袖口にファザーを貼れない。そのため、黒いフェルトで延長用の袖を作る。(単なる円筒形に縫い合わせただけだが・・・)この部分が袖の羽根取り付け部分になる。フェルトって加工しやすいから便利。
フェルトの袖とベースカーディガンの袖を取り付けるためにスナップを数箇所縫い付ける。
これはフェルト側にスナップを取り付けているところ。
右袖の一箇所を赤い糸でオスメスともつける。左袖も同じく一箇所緑の糸でオスメスともつける。洗濯して袖をはずしたあとで、どっちが右だっけ〜?とか悩まなくていいのと、スナップの起点をわかりやすくするために考えた。
羽根ストール(180cm)を半分のながさで切り、前述のフェルト袖にらせん状に巻きつけながら、縫い付けているところ。これがね、大変でした。左右二本を根気よく縫いつけ。ちくちく何度も指に刺して泣けた。
そんでもって完成。メイクもなければ、胸毛も描いてないととってもマヌケな感じ…。こんなんで本当にステージ衣装になるのかしらとやや不安・・・。ここまでの製作時間およそ10時間ぐらいです。(こちらのモデルも本人)で、結局ライブの前日深夜の仕上がりとなりました。
完成型

全部装着すると、こんな感じ。なんかフェザージャケットって言うよりも、まるで「刈りたて「プードル」のような感じですが、メンバーがカッコいいよって言ってくれたので、良しとします。アジアツアーのメイン衣装となる予定。

全部読んでくれて アリガト



Peter Eross、Madam Eross全面協力のもとNewコスチューム完成!

ポスフールで1000円で買ってきたタンクトップ・・・

 

これを、マダム・エロスの魔法にかけると・・・

 

こ〜んなステキなコスチュームに変身!

 

着てみた感じ。ビジュアル系っぽい?



円高につき、USA直輸入コス調達

LOVEGUNフロントマン3人が、円高を理由にUSAから一部コスチュームを調達。

うわさによると、子○○手当を調達資金に当てたらしいが、

手当が当たらないエースが一番金を使った模様。

で、部分写真でご紹介。

  

主に足回り品を調達した模様であるが、エースの調達品の中にはこんなものも・・・

果たして、これは何?

全体を見たい方はぜひライブにお越しくださいませ。



KLヒーロ・スタンレー、LOVEGUNプロモーションで単身クアラルンプールへKL

マレーシアの首都、アジアでも有数の近代都市、クアラルンプール

ヒーロ・スタンレーがLOVEGUNプロモーションのため、

ブキッナ・ナス駅近くにある「Hard Rock Cafe」に立ち寄った。

そこには・・・

  

LOVEGUN?...いや、本家の衣装と写真が飾られていた。

ヒーロ・スタンレーはこれをチャンスとばかりに、店のおねーさんに話しかけた。

「俺は日本で有名なトリビュートバンドでポール役をやっている」

そして、持っていたiPadで(無理やり)LOVEGUNのライブビデオを見せつけることに成功した。

・・・

「嘘でしょ、あんたとぜんぜん違うわ」

全否定されたが、食い下がるヒーロに負け、しぶしぶ納得する店のおねーさん。

こうして、クアラルンプールでのプロモーションを無事に終え、

衣装のほつれた星マークに「本家も同じような苦労と悩みを抱えていたんだ」と、

勝手に共感を覚え、ヒーロ・スタンレーは帰国の途についたのであった。



kenヒーロ・スタンレー、LOVEGUNメンバーのお値段検定敢行ken

またもや、ヒーロ☆スタンレーからのネタフリが・・・今度はLOVEGUNメンバーの価値を○○○一発で検定した模様。

その結果は・・・

100円ショップでの買い物すらできましぇん(ToT)

 

昼に食べた「からあげ弁当」並みか?

 

土地なし家1件分程度か・・・高すぎね?普通は払うばっかりだし。

しかし、次がスゴイ。

 

さて、どこの会社買収しようか?

 

そりゃ、462億円も取られたら危険だよ。

 

440円均一?



drumピーター・エロスのドラムセット2号が完成?drum

(北スポ芸能ニュースより転載)

2015年もはや2月となっても、さっぱりライブをやらないLOVEGUNですが、

わたくし、北スポLOVEGUN番記者のTが、

「最近、ピーター・エロスが毎週日曜にスタジオに籠って、極秘行動をしている」

とのうわさを聞き付けたので、スタジオに電撃取材を敢行することに。

2月22日(ネコの日らしい)午後、札幌市内某貸しスタジオへ、

ここの3スタにピーターがいるらしい(スタジオスタッフがあっさり教えてくれた)。

T:「こんにちわ〜ピーターさん、います〜」

ピーター(以下、P):「だっ、誰だっ?!」

T:「北スポのTですよ。さっぱりライブもやらないで、何やってんすか?…ん?そのドラムセットはなんすか?」

P:「あっ、ダメだよ撮影は!」

T:「そんなことを聞いてちゃ記者はつとまらないですよ。パシャ」

T:「あれ、ピーターさん、やっと置いてあるドラム使うことにしたんすか?

いままで、どんなにステージ狭くても自分のエレドラ持ち込んで迷惑千万だったじゃないですか」

P:「うるさいなぁ。オレが持ち込みなのは理由があんだよ。」

T:「あれ?よく見ると、半分生で半分エレになってる。サイボーグみたい。」

P:「いや、まあなんか生ドラが懐かしくてね。」

T:「もっとよく見せてくださいよ〜」

P:「おい!あんまり近くに寄るなよ!」

T:「なんか、シンバルの上にさらにシンバル生えてたりして面白いっすね。ドラマー側からも1枚撮りますよ〜」

P:「お、おい、やめろよ!」

T:「あ、あれ?バスドラペダルにビーター付いてないじゃないですか?」

T:「さては、生ドラ使うと見せかけて全部エレドラ使うんじゃないでしょうね〜」

P:「(汗)い、いいじゃね〜かぁ」

T:「前のセットでもハイハット16分刻むのめんどくさいからって、ディレィでごまかしてたじゃないですか!」

P:「い、いや、今回もソレ付いてるし・・・」

T:「そのうち、全部ドラムマシンになるんじゃないですかぁ?」

P:「それはオレのプライドがゆるさん!」

T:「インチキばっかりやって、なにがプライドですか!全部記事にして載せますからね。」

P:「そ、それだけは勘弁してよ〜」

またピーター・エロスがインチキやってることが判明したところで、私はスタジオを後にした。

次のライブ(きまってないけど)では、生エレドラムを並べたピーター・エロスが見られると思うが、

みなさん、よく見てて頂きたい。

ピーターは生ドラム側は一切叩かないであろう。

【お気づきとは思いますが、北スポ記者Tとピーター・エロスは同一人物です。自作自演です、すみません(^^;)】


7月19日の本番で実際に使ってみました。ビデオはこちら



drumピーター・エロスのドラムセット3号が完成?drum

(北スポ芸能ニュースより転載)

北スポLOVEGUN番記者T(以下、T):こんにちわ〜、ピーターさん、います〜

LOVEGUNピーター(以下、P):おう、来た来た、いらっしゃい。

T:今日(11月22日)はどうしたんすか?いつもはこそこそやってるのに、今日は呼びつけたりして。

「いい夫婦の日」だってのに家族そっちのけだし。

P:いや〜、3号機ができちゃったんだよね。せっかくだから見てもらおうと思ってさ。

T:へ?2号機となんも変わってないじゃないすか。

P:よく見ろよ、スタンド類がラックになってるだろ。

T:あら、ほんとだ。でもこれ、1号機のラックじゃないすか?

P:いや〜1号機はもうバラしちゃったんだよね。

T:じゃあ、「光るドラム」はなくなっちゃたんすか?

STAの○サさんが、「なんだよ、2号機は光らないじゃね〜か」※って小樽ライブで言ってたじゃないすか。

P:ふふふ、そこはぬかりない!


※クリックすると点滅状況ビデオ見れます。

T:おお!1号機は青やらピンクやら趣味の悪いLEDだったけど、3号機は白色LEDにしたんすね!

P:「趣味が悪い」がよけいだコラ。

T:いや〜次のライブが楽しみっすね。

P:まだ決まってないけどね〜

ということで、光る3号機、乞うご期待!

※STAの○サさんは、ほんとはそんな粗野な言い方は致しませんです。「え〜光んないの?残念だな〜」ってイメージです...